事例・研究トピックス

2020年06月08日

【会員限定・研究者ブログ】仕事における感情知能の役割

近年、労働環境の急速な変化に伴って、労働者のストレスの増加やウェルビーイングの低下が大きな問題となっています。こうした中、近年、産業心理学において感情知能(emotional intelligence: EI)が注目されています。感情知能とは文字通り感情に関する様々な情報の処理能力を指し、一般知能IQから独立した能力であるとされています。この感情知能は、適応的な感情制御や心理社会的機能と深く関係していることから、労働者のウェルビーイング及び健康の維持において重要な心理学的要因であると考えられています。今回は、この感情知能に焦点を当て、仕事におけるその役割についてお話したいと思います。
執筆:外山浩之氏(ヘルシンキ大学 教育科学部教育心理学科 研究員)
続きを読むためには、右のメニューから会員ログインしてください。

会員ログイン

ユーザー
パスワード
ログイン

会員制度とご入会

ご入会に関するご質問

個人情報保護方針

メールマガジン登録