心理的柔軟性向上プログラム(ACT)トライアルのご案内

 人材の多様化やWithコロナの新しい働き方の定着に伴い、働く一人ひとりの「自律性」がこれまで以上に重要になっています。自律型人材の育成にあたっては、変化に呑み込まれることなく、柔軟かつ長期的な視点から、状況に応じて役に立つアクションを起こすことのできる、「心理的柔軟性」 のスキルが求められると考えられます。

  このたび日本生産性本部メンタル・ヘルス研究所では、早稲田大学人間科学学術院大月友准教授と共同開発した「心理的柔軟性向上プログラム(ACT)」のトライアルを行います。 効果検証を行うため、実施費用無料にて3組織募集いたしますのでぜひご参加ください。















お問合せ先

 詳細についてはお気軽にお問合せください。
 あらためてご案内いたします。

 公益財団法人
日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所
 ikiiki @ jpc-net.jp


会員ログイン

ユーザー
パスワード
ログイン

会員制度とご入会

ご入会に関するご質問

個人情報保護方針

メールマガジン登録

 

ここにマウスを移動し、ツールバーのコンテンツの編集をクリックしてください。